焼津市のAGA ED にんにく注射 かわさきクリニック プラセンタ注射

かわさきクリニック |内科・消化器内科

- 自費診療 -

当院が行なっている
自費診療について

自費診療健康保険が適用されない医療が自費診療です。
この場合、治療費はは患者様の原則、全額自己負担となります。

当院で行っている自費診療は

それぞれの内容は次の通りです。

AGA

AGAとは

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略称で、男性型脱毛症(薄毛症)といいます。
成人男性によく見られる進行性の脱毛症(日本人男性のおよそ4人に1人の割合で発症)で、思春期以降に額の生え際や頭頂部の毛髪が軟毛化していき、やがてそれが細く短くなっていきます。

そして時間の経過と共に、頭の生え際が後退、あるいは頭頂部が薄くなるなどして、最終的にはこれら部分で毛髪が失われていきます。
なお、発症の原因については、遺伝や男性ホルモンによる発毛サイクルの乱れなどが考えられています。

以下のような症状や毛髪の悩みがあるという方はご相談ください

  • 家族に髪の薄い人がいて、自分も薄くなるのではないかと心配だ。
  • 抜け毛が気になる。
  • 10代後半から毛髪が抜け始め、髪が薄くなってきた。
  • 額(ひたい)の生え際が後退してきた。
  • 頭頂部の髪の毛が薄くなってきた。
  • 細くて短い髪の毛が多くなり、髪のハリやコシが無くなった。など

AGAの治療について

当院ではAGAと診断された患者様につきましては、医療機関でのみ取り扱う服用タイプの「AGA治療薬」(プロペシア、サガーロ)を処方いたします。

種類はいくつかありますが、医師が患者様の薄毛の進行具合や症状などを確認し、発毛効果が期待できるAGA治療薬を処方いたします。

副作用について

AGA治療薬を服用することで考えられる副作用ですが、性欲減退や勃起不全など男性機能についての症状が現れたという報告はありますが、人によって症状のみられ方は異なります。
また、肝機能障害やうつの症状が出たという報告もあります。このような場合、速やかに服用を中止して医師へご相談ください

ED

EDとは

EDとは「Erectile Dysfunction」の略称で、勃起不全または勃起障害のことです。
ただ不全や障害というのは、完全に勃起できない状態を意味しているだけでなく、勃起するまでに時間を要する、途中で萎える、性行為に満足できないという場合も含まれます。

以下のような症状に心当たりがある方は、ご相談ください

  • 勃起をすることが全くない。
  • 勃起はするが短時間、あるいは途中で萎えてしまう。
  • 満足のいく性行為ができない。
  • 勃起時の硬さがやわらかくなっている。
  • 一度萎えると、再度の勃起が困難である。
  • 勃起に時間がかかる。など

ED治療について

EDが疑われる場合、問診や診断をつけるための検査として、尿検査、心電図検査等も行います。

その結果、EDと診断されたら医師が治療薬を処方しますが、ED治療薬には重複してはいけない禁忌薬がいくつか存在します。 そのため、現在何かしらのお薬を処方されている方は、投薬内容が分かるお薬手帳などをご持参していただくと診療がスムーズになります。

なお、当院で医師が処方するED治療薬には、バイアグラ、レビトラ、シアリス、バイアグラジェネリックがありますが、いずれも一時的に勃起を維持させるためのもので、根本的に改善することはありません。

副作用について

ED治療薬は、薬の種類に関係なく、全般的に顔のほてりや目の充血・鼻づまり、頭痛、動悸といった症状がみられます。
これら副作用が現れるという場合は、必要に応じて、減量をする、あるいは投与を中止するなどの処置を行うようにします。 まずは医師にご相談ください。

にんにく注射

にんにく注射とは

にんにくの成分が入った薬剤の注射ではなく、主成分は水溶性ビタミンのひとつビタミンB1になります。
これを静脈に直接注射するのですが、体内注入時に、にんにくのような匂いが広がることから「にんにく注射」と呼ばれるようになりました。

なお、ビタミンB1はブドウ糖をエネルギーに変換する際に必要な栄養素で、これが体内で不足するようになると、全身倦怠感、食欲不振、皮膚トラブルといった、いろんな障害が現れるようになります。
そのため、このような症状を防ぐには、体外からビタミンB1を補うことが大切です。
とくに風邪を引いて間もない、病後、夏バテで食欲がない、精力的に仕事をこなしたいという場合に多くの効果が期待できると言われています。

なお、効果については1回の注射だけでも実感はできますが、持続的な効果を望む場合は週1回など定期的に受けるようにしてください。

副作用について

また副作用につきましては、ビタミンが主成分ですので重篤な症状が起きる心配はありません。
ただ、注射部位に赤みや腫れがみられることはあります。
またビタミンB1を過剰に摂取したとしても水溶性ビタミンなので、水に溶けてすぐに体外へ放出されます。
したがって、摂り過ぎによる悪影響が出ることはありません。

プラセンタ注射

プラセンタ注射とは

プラセンタとは人間の胎盤(母体と胎児を連絡するもので、赤ちゃんが元気に育つための重要な役割を果たす器官。
ヒアルロン酸、コラーゲン、必須アミノ酸、たんぱく質などの栄養素と成長因子が含まれる)から抽出されたエキスを利用して作られたもので、体内環境を調整する作用があることから、これまでも治療薬として、肝臓疾患の患者様や更年期障害でお悩みの方に使用されてきました。

その後、メラニン色素の元となる活性酸素を除去する作用、新陳代謝を高める血行促進作用があることも判明し、シミやくすみ、たるみの予防や改善にも効果があるとされ、美容を目的とした医療(自費診療)でも用いられるようになりました。

なお、プラセンタはサプリメント、注射、点滴などがありますが、注射による投与は、即効性は期待できますが、1回当たりの持続期間は長くありません。
そのため、継続的な効果を期待するのであれば、2~4週間の間隔で定期的に受けるなどする必要があります。

副作用について

副作用の件ですが、重篤な症状に陥ったという報告は現在のところありません。
ただ注射した部位が赤く腫れる、痛むということはあります。
またアレルギー反応がみられることもあります。
このほかの注意点としては、プラセンタ注射(ヒト胎盤由来)を一度受けたら、献血することができなくなります。

- 医院概要 -

医院名
かわさきクリニック
診療科目
内科・消化器内科
住所
〒425-0092
静岡県焼津市越後島494-1
電話番号
054-629-4976(ヨクナロー)
休診日
水曜日・日曜日・祝日

かわさきクリニック診療時間 9:00~12:00月火木金土 12:00~15:00 大腸内視鏡検査(静脈麻酔・日帰りポリープ手術) 月火木金土 15:00~18:00 月火木金
        15:00~18:00 大腸内視鏡検査(静脈麻酔・日帰りポリープ手術) ※7:50~9:00 胃カメラ(静脈麻酔・経鼻内視鏡あり)

アクセス
焼津ICからすぐ、
駐車場あり
〒425-0092 静岡県焼津市越後島494-1